調達資料

2017年06月23日

平成29年度広野町災害廃棄物代行処理仮設灰保管施設解体撤去工事

入 札 公 告

 

 次のとおり一般競争入札に付します。

 

平成29年6月23日

支出負担行為担当官
東北地方環境事務所
福島環境再生事務所長 土居 健太郎

 

 

1 工事概要

(1) 工 事 名   平成29年度広野町災害廃棄物代行処理仮設灰保管施設解体撤去工事

(2) 工事場所  福島県双葉郡広野町 地内

(3) 工事内容  入札説明書による。

(4) 工  期  契約締結日の翌日から平成30年3月15日(木)まで

(5) 工事種目  既存建物(仮設灰保管施設)等解体撤去一式

(6) 入札方法  本工事は、施工計画等の技術提案を受け付け、価格以外の要素と価格を総合的に評価して落札者を決定する総合評価落札方式(簡易型)の入札である。

2 競争参加資格

(1) 予算決算及び会計令(昭和22年勅令第165号)(以下「予決令」という。)第70条及び第71条の規定に該当しない者であること。

(2) 環境省における平成29・30年度工事種別「土木工事」又は「建築工事」の東北地域に係る「A」又は「B」等級の競争参加資格の認定を受けていること。

(3) 国、都道府県、市町村等又は民間が発注する建物等の解体撤去をその内容に含む工事(以下「建物解体等工事」という。)の元請実績を有すること。また、施工実績は、平成

19年4月1日から本工事に係る申請書等の提出期限までの間に建物解体等工事の受注金額500万円以上(消費税を含む。)の工事が完成し、引渡しが済んでいるものに限る者とする。

(4) 入札説明書に掲げる基準を満たす主任技術者又は監理技術者を本工事に専任で配置できること。

なお、入札参加者と直接的かつ恒常的な雇用関係(入札の締切日以前に3ヶ月以上の雇用関係があることをいう。)にあること。

(5) 福島県に土木工事又は建築工事に係る建設業の許可を得た本店、支店その他の営業所が存在すること。

(6) 以下に定める届出の義務を履行していない建設業者(当該届出の義務がない者を除く。)でないこと。

・健康保険法(大正11年法律第70号)第48条の規定による届出の義務

・厚生年金保険法(昭和29年法律第115号)第27条の規定による届出の義務

・雇用保険法(昭和49年法律第116号)第7条の規定による届出の義務

(7) 入札説明書において示す暴力団排除に関する誓約事項に誓約できる者であること。また、警察当局から、暴力団員が実質的に経営を支配する建設業者又はこれに準ずるものとして、公共工事からの排除要請があり、当該状態が継続している者でないこと。

(8) その他詳細は、入札説明書による。

 

3 入札者の義務

この入札に参加を希望する者は、東北地方環境事務所福島環境再生事務所が交付する入札説明書に基づいて提案書等を作成し、期限までに提出しなければならない。また、開札日の前日までの間において契約担当官等から当該提案書等に関して説明を求められた場合は、これに応じなければならない。

なお、提出された提案書等は、東北地方環境事務所福島環境再生事務所において入札説明書に定める技術等の要求要件及び評価基準に基づき審査するものとし、審査の結果、合格した提案書等に係る入札書のみを落札決定の対象とする。

 

4 契約条項を示す場所、入札説明書の交付及び問い合わせ先等

(1)契約条項を示す場所及び問い合わせ先

〒960-8031 福島県福島市栄町11-25 AXCビル6階

東北地方環境事務所 福島環境再生事務所

経理課 契約第二係  担当:相澤

TEL:024-573-7386 FAX:024-573-0217

(2)入札説明書の交付

東北地方環境事務所福島環境再生事務所ホームページ>「調達情報」により必要な件名を選択し、「入札公告」の下段に入札説明書のファイルが添付されているので、ダウンロードして入手すること。

http://tohoku.env.go.jp/fukushima/procure/index.html

(3)入札説明会の日時及び場所

開催しない。(詳細は入札説明書による。)。

(4)競争参加資格確認申請書等の提出期限及び場所等

提出期限  平成29年7月18日(火)12時まで。

受付時間は、平日の9時から17時まで(持参の場合は、12時から13時を除く。)。

提出場所  4(1)に同じ。

提出方法  持参又は郵送(書留郵便等の配達の記録が残るものに限る。)すること。

(提出期限必着)

 

5 入札及び開札の日時及び場所等

(1) 入札書の提出について

  (2)の開札の日時及び場所と同じ。

(2) 開札について

    日 時 : 平成29年8月18日(金)13時30分

    場 所 : 福島県福島市栄町11-25 AXCビル5階

          東北地方環境事務所 福島環境再生事務所 入札室

6 電子調達システムの利用

本案件は、電子調達システム(GEPS)で行う。

なお、電子調達システムによりがたい者は、発注者に申し出た場合に限り紙入札方式に変えることができる。

https://www.geps.go.jp

 

7 その他

(1) 手続において使用する言語及び通貨  日本語及び日本国通貨に限る。

(2) 入札保証金及び契約保証金

ア 入札保証金  免除。

イ 契約保証金  工事請負契約書(案)による。この場合の保証金額は、請負代金額

の10分の1以上とする。ただし、予決令第86条第1項に定める調査(いわゆる「低

入札価格調査」)の対象となった場合には、工事請負契約書(案)第4条第2項中「請

負代金額10分の1以上」を「請負代金額10分の3以上」とし、第4条第4項、第46

条の2第1項もこれに準じて割合を変更する。

(3) 入札の無効

競争参加資格のない者が行った入札、申請書及び提案書等に虚偽の記載をした者の行った入札、並びに入札心得において示した条件等入札に関する条件に違反した入札は無効とし、無効の入札を行った者を落札者としていた場合には落札決定を取り消す。

(4) 落札者の決定方法

次の各要件に該当する者のうち、入札説明書に定める総合評価の方法によって得られた数値の最も高い者を落札者とする。

ア 入札価格が、予決令第79条の規定に基づいて作成された予定価格の制限の範囲内であること。

イ 提案書等が、東北地方環境事務所福島環境再生事務所による審査の結果、合格していること。

ただし、落札者となるべき者の入札価格によっては、その者により当該契約の内容に適合した履行がなされないおそれがあると認められるとき、又はその者と契約を締結することが公正な取引の秩序を乱すこととなるおそれがあって著しく不適当であると認められるときは、上記各要件を満たす者であって、落札者となるべき者以外で最も数値が高い者を落札者とすることがある。

なお、調査基準価格を下回って入札が行われた場合は、入札を「保留」とし、契約の内容が履行されないおそれがあると認めるか否かについて、落札者となるべき者から事情聴取、関係機関の意見照会等の調査を行い、落札者の決定をする。この調査期間に伴う当該工事の工期延長は行わない。

(5) 配置予定技術者等の確認

落札者決定後、CORINS等により配置予定技術者等の専任制違反の事実が確認された場合、契約を結ばないことがある。

なお、種々の状況からやむを得ないものとして承認された場合の外は、申請書の差し替えは認められない。

(6) 手続における交渉の有無  無

(7) 契約書作成の要否  要

(8) 詳細は、入札説明書による。

ページ先頭へ