報道発表資料

2014年12月09日

相馬市・新地町仮設焼却施設の火納式について(お知らせ)

 環境省では、平成25年1月24日から相馬市・新地町の災害廃棄物の代行処理(減容化処理)を進めておりましたが、11月27日に処理が完了となりました。
 つきましては、仮設焼却施設の火納式を行いますので、お知らせいたします。

1.概要

 平成24 年3 月14日に、相馬市ならびに新地町から災害廃棄物処理特別措置法に基づく災害廃棄物処理の代行要請があったことを受け、仮設焼却施設を相馬市光陽2丁目に設置し、災害廃棄物代行処理(減容化処理)を進めてまいりました。

 今般、11月27日で相馬市・新地町の災害廃棄物の処理が完了となりました。

 福島県の国代行処理及び直轄処理で、完了したのは初めてです。

<施設概要>

設置場所:福島県相馬市光陽2-1-1

用地面積:21,600㎡

処理能力:570t/日

<処理実績>

相馬市災害廃棄物          67,743トン

相馬市除染廃棄物・農林業系廃棄物  6,319トン

新地町災害廃棄物          18,431トン

               合計 92,493トン

2.火納式

 日時:平成26年12月11日(木)午前11時から

 会場:福島県相馬市光陽2-1-1(仮設焼却施設内:別紙案内図のとおり)

3.取材について

 当日、現地において、以下のとおり取材を受け付けます。取材に際しては、安全確保のため、指定のエリアにて撮影等をいただきますようお願いいたします。

 また、取材に際しては現地担当者の指示に従っていただくとともに、記者証または社名入りの腕章の着用をお願いします。

 日程については予定であり、変更・中止されることがありますのでご了承ください。

 

日時:平成26年12月11日(木) 午前11時から

会場:福島県相馬市光陽2-1-1(仮設焼却施設内:別紙案内図のとおり)

   ※場所については別紙地図のとおり

   ※取材の事前登録は不要です。

(取材を希望される場合は、午前11時までにおいでください。)

添付資料

■ 問い合わせ先
福島環境再生事務所
減容化施設整備課
電話:024-563-6954
課長:小島 啓之
課長補佐:境  道啓
ページ先頭へ