報道発表資料

2015年11月20日

飯舘村蕨平地区仮設焼却施設の火入れ式について(お知らせ)

このたび、飯舘村蕨平地区に建設中の仮設焼却施設(減容化処理)の施設運転に必要な準備が整ったことから、11月25日(水)に火入れ式を実施しますのでお知らせします。 仮設焼却施設では、飯館村内の可燃性廃棄物に加え、福島市、南相馬市、伊達市、国見町、川俣町で発生した農林業系廃棄物及び下水汚泥の処理を行います。 村外5市町の処理については、福島県内の放射性物質に汚染された農林業系廃棄物等を集約処理する初めての事業となります。

1.概要

 放射性物質による汚染に対処するために制定された「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」において、同法に定める対策地域内廃棄物及び指定廃棄物の処理は国が実施することとされています。

 今般、飯舘村蕨平地区に設置する仮設焼却施設(減容化処理)の施設運転に必要な準備が整ったことから、火入れ式を実施します。

 飯舘村蕨平地内に設置する仮設焼却施設(1日の処理能力240トン)では、飯館村内並びに飯館村外の5市町で発生した廃棄物の減容化処理を行います。

 仮設焼却施設では、飯館村内の可燃性廃棄物の減容化処理に加え、村外5市町の農林業系廃棄物及び下水汚泥の処理も行うものであり、福島県内の放射性物質に汚染された農林業系廃棄物等を集約処理する初めての事業となります。

<施設概要>

設置場所:福島県相馬郡飯舘村蕨平字蕨平地内

用地面積:約264,000㎡

処理能力:240トン/日(120トン×2炉)

施設の運転は、廃棄物処理施設として福島県の所定の検査を終えた後、12月中旬から開始する予定です

処理対象物:1.飯館村内で発生した除染廃棄物、家屋解体廃棄物、片付けごみ(約290,000トン)

      2.福島市、伊達市、南相馬市、川俣町、国見町で発生した農林業系廃棄物及び下水道汚泥(約70,000トン)

処理見込量:約360,000トン

2.火入れ式

日 時:平成27年11月25日(水) 午前11時 から

会 場:福島県相馬郡飯舘村蕨平字蕨平地内 

(別紙案内図のとおり)

3.取材について

 取材に際しては、安全確保のため、指定のエリアにて撮影取材等をいただきますようお願いいたします。

また、取材に際しては現地担当者の指示に従っていただくとともに、記者証または社名入りの腕章の着用をお願いします。

日程については予定であり、変更・中止されることがありますのでご了承ください。

日 時:平成27年11月25日(水) 午前11時 から

会 場:福島県相馬郡飯舘村蕨平字蕨平地内 

(別紙案内図のとおり)

※取材の事前登録は不要です。

 (取材を希望される場合は、午前11時までに受付にて申し込みをお願いします。)

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省福島環境再生事務所
減容化施設整備課
電話:024-563-6954
課長:小島 啓之
課長補佐:境  道啓
ページ先頭へ