報道発表資料

2020年11月27日

「いっしょに考える 『福島、その先の環境へ。』チャレンジ・アワード」の開催について

環境省と福島県は、令和2年8月に未来志向の環境施策を一層推進するための連携協力協定を締結しました。
現在、企業や団体、研究機関等が様々な環境施策を行っていますが、福島のこれからの環境や新しい地域の価値を創っていくためには、環境省の関係機関だけでなく、より多くの方々と連携し、共に考え、共に行動していくことが重要だと考えます。
未来を担う若い方々とともに、福島の未来を考える機会づくりと新しいアイデアを通じたつながりを広げていくことを目的に、学生を対象とした新たな表彰制度として「いっしょに考える『福島、その先の環境へ。』チャレンジ・アワード」を開催致します。
このチャレンジ・アワードでは、中学生、高校生、大学生等を対象に震災を経験した福島のこれまでの10年の振り返りと、これからの福島が「こう変えたい」「こうなって欲しい」という未来や希望に関する皆様のアイデアや想いを募集します。
多くの方の御応募お待ちしております。

1.応募内容・応募様式

原子力災害を経験した福島のこれまでの10年の振り返りと、これからの福島が「こう変えたい」、「こうなって欲しい」という未来や希望に関する皆様のアイデアや想いを御応募ください。

○募集テーマ

 「福島、その先の環境へ。」

○キーワード

「新しいまち」、「SDGsを目指すまち」、「ワーケーションの聖地」、「ポスト・コロナ社会」、「再生可能エネルギー先駆けの地、ふくしま」、「地域循環共生圏」など

○応募様式

《中学生》作文 約1200字

《高校生以上の学生》論文 約1500字

※必須記載事項

タイトル・学校名(学科等)・学年・氏名・フリガナ・

連絡先(メールアドレス及び電話番号)

※著作権は応募者本人に帰属しますが、環境省の広報等への使用についての許諾をいただきます。

○応募方法

 提出物を下記事務局までメール又は郵送にて送付してください。

2.参加対象者

福島県にゆかりのある学生又は福島の復興に関心のある学生(個人のみ)

  ①中学生部門

  ②高校生部門

  ③大学生・専門学生・高等専門学生

3.主催・共催団体

主催:環境省

共催:福島県、福島県教育委員会

4.審査委員の選定

外部有識者を委員長とする審査委員会を設置。委員は5名以上を想定。

5.各賞・表彰(予定)

入選作品より、募集3部門で最優秀賞、優秀賞を授与予定。また、場合により、特別賞を設ける。

6.実施スケジュール(予定)

①11月27日(金)「令和二年度 環境再生・未来志向シンポジウム」にて、講演者より「いっしょに考える『福

 島、その先の環境へ。』チャレンジ・アワード」実施への期待表明。

②11月27日(金) 公募開始と新聞発表

③1月18日(月)17:00まで 公募締切

④2月上旬 審査委員会

⑤3月中旬 イベント(予定)において最優秀賞等の表彰式と、受賞作の発表

7.事務局(応募先)

 環境省 環境再生・資源循環局 特定廃棄物対策担当参事官室

 福島再生・未来志向プロジェクトチーム

 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2

 担当:和田、堀、阿部、杉野 

 ※対応時間:10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

 TEL:03-3581-2788 / FAX:03-3581-3525

 E-mail: mirai_award@env.go.jp

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省環境再生・資源循環局
特定廃棄物対策担当参事官室
代   表  03-3581-3351
直   通  03-3581-2788
参 事 官  則久 雅司
参事官補佐  和田 紘希(内線7805)
参事官補佐  堀 治  (内線7816)

福島地方環境事務所
渉外広報課
直  通   024-563-5197
室長補佐   佐藤 正尚(内線526)
係  長   中島 利博(内線532)
おすすめサイト
東日本大震災からの環境再生ポータルサイト(リンク)
除染情報サイト(リンク)
中間貯蔵施設情報サイト(リンク)
中間貯蔵工事情報センター(リンク)
放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト(リンク)
放射線による健康影響等に関するポータルサイト(リンク)
環境再生プラザ(リンク)
リプルンふくしま(リンク)
ページ先頭へ