報道発表資料

2022年02月10日

「福島、その先の環境へ。」シンポジウムの開催について(続報)

令和3年3月12日(土)に開催する「『福島、その先の環境へ。』シンポジウム」に関してプログラムの詳細と申込方法をお知らせします。

1.開催概要

(1)開催日

 □ シンポジウム

令和4年3月12日(土)9:00-13:00 SOTEシンポジウム ※関係者のみ

令和4年3月12日(土)14:00-16:30 「福島、その先の環境へ。」シンポジウム

※ (一社)LOVE FOR NIPPON が展開するSONG OF THE EARTHというイベント名の略称。

 □ 見学ツアー(ふたばふたたびツアー)

令和4年3月12日(土)

※時間、見学先等につきましては、(5)を御参照ください。

(2)開催/集合場所

 □ シンポジウム/見学ツアー

ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8)

(3)主催/後援

主催:「福島、その先の環境へ。」シンポジウム実行委員会

※環境省や(一社)LOVE FOR NIPPON など関係団体を構成員としている団体

(4)「福島、その先の環境へ。」シンポジウム プログラム(予定)14:00~16:30

○ 開会挨拶

○ 基調講演

福島の未来をテーマに基調講演を行うとともに、ファシリテーターとのトークセッションを実施いたします。

○ 環境省プレゼンテーション

環境省より、全国での除去土壌の再生利用・県外最終処分に向けた理解醸成活動や未来志向の新たな環境施策の推進のための取組など、2021年度の活動について御報告します。

○ パネルディスカッション

福島県の環境再生と未来についてパネラーによるプレゼンテーションとパネルディスカッションを実施いたします。

※当日参加者からの御質問・御意見をいただく機会も設ける予定です。

※登壇者は環境省HPにて決定し次第掲載いたします。

【環境省HP】

(5)ふたばふたたびツアー 見学先 (予定)

○ 中間貯蔵施設コース(8:30~13:40)

中間貯蔵施設(大熊町・双葉町)、請戸小学校(浪江町)、大平山霊園(浪江町)ほか

※中間貯蔵施設は帰還困難区域になりますので、15歳未満の方はお申し込みいただけません。

○ リプルンふくしまコース①(8:50~13:40)

リプルンふくしま(富岡町)、双葉駅(双葉町)、東日本大震災・原子力災害伝承館(双葉町)ほか

○ リプルンふくしまコース②(9:15~13:40)

リプルンふくしま(富岡町)、請戸小学校(浪江町)、道の駅ならは(楢葉町)ほか

※詳細は以下URLを御参照ください。

http://shiteihaiki.env.go.jp/fukushimamirai/sonosaki/tours2022/

(6)参加費

□ シンポジウム/ツアー

無料

2.参加申込方法

 □ シンポジウム

令和4年3月12日(土)開催の「福島、その先の環境へ。」シンポジウムへの参加は事前申込みが必要です。以下のWEBフォームよりお申込みをお願いいたします。

https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=pbpd-lhtdsc-a275f6d8ed86ad1703026ac8547b6844

【申込締切】令和4年3月4日(金)17:00まで

※シンポジウム会場の定員は50名程度とさせていただきます。応募者多数の場合は抽選とさせていただきますので、御了承ください。

※オンライン配信はどなたでも御覧いただけます。URLにつきましては、以下HPに追って掲載いたします。
http://shiteihaiki.env.go.jp/fukushimamirai/sonosaki/symposium2022/

※新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じて、全ての予定プログラムをオンライン開催に変更する可能性がございます。

※お申込みされた方には、登録完了メールをお送りいたします。

□ ツアー

 ふたばふたたびツアーへの参加についても事前申込みが必要です。以下のWEBフォームよりお申込みをお願いいたします。

【申込みURL】https://amarys-jtb.jp/fukushima_tour/

【申込締切】令和4年2月28日(月)17:30まで

※ツアーの定員は各コースともに20名程度とさせていただきます。応募者多数の場合は抽選とさせていただきますので、申込受付期間内でも定員になり次第お申込みの受付を終了とさせていただきます。御了承ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じて、中止とさせていただく場合がございます。

※本ツアーの旅行企画・実施は株式会社JTB福島支店であり、企画協力を「福島、その先の環境へ。」シンポジウム実行委員会で実施いたします。

3.当日の取材について

・ シンポジウム/ツアーの取材に関しては事前登録が必要です。

・ シンポジウムの取材を御希望の場合、氏名、会社名、役職名、連絡先(電話番号、

電子メールアドレス)を、電子メールにて下記連絡先に御連絡ください。

・ ツアーの取材を御希望の場合、氏名、会社名、役職名、連絡先(電話番号、FAX、電子メールアドレス)、見学希望のコースを、電子メールにて下記連絡先に御連絡ください。

なお、本件について御連絡いただく際には件名に「3月12日シンポジウム及びツアーについて」と御記入ください。

【連絡先】

環境省 環境再生・資源循環局 特定廃棄物対策担当参事官室 担当:森田、志村、杉野

電話番号:03-3581-2788(直通)

E-mail :mirai_shikou@env.go.jp

※新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じて、全ての予定プログラムをオンライン開催に変更する可能性があり、取材もオンライン取材となる可能性がございます。

※ツアーにつきましては、バスの定員に限りがございますので、お断りさせていただく場合がございます。

【取材登録締切】

□ シンポジウム

令和4年3月10日(木)17:00まで

□ ツアー

令和4年2月28日(月)17:00まで

4.参考

「福島、その先の環境へ。」シンポジウムの開催について

(令和4年1月11日(火)発表)

http://www.env.go.jp/press/110410.html

■ 問い合わせ先
環境省環境再生・資源循環局
環境再生事業担当参事官付
福島再生・未来志向プロジェクト推進室
代   表  03-3581-3351
直   通  03-3581-2788
室   長  布田 洋史
参事官補佐  森田 重光(内線5357)
担   当  杉野 伊吹(内線5336)
おすすめサイト
東日本大震災からの環境再生ポータルサイト(リンク)
除染情報サイト(リンク)
中間貯蔵施設情報サイト(リンク)
中間貯蔵工事情報センター(リンク)
放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト(リンク)
放射線による健康影響等に関するポータルサイト(リンク)
環境再生プラザ(リンク)
リプルンふくしま(リンク)
ページ先頭へ